ー SOCIAL ー

社会の皆様のために

当社は、ステークホルダーと誠実に向き合い、対話を通じてより良い信頼関係を構築するとともに、当社の責任を果たしていきます。 社会から信頼を得ながら、価値を提供し続けることができる企業を目指し、ステークホルダーの皆様との関わりを大切にしています。

「 ステークホルダーエンゲージメント 」

お客様に対する取り組み

中央品質管理委員会

 当社では、お客様に安全・安心な製品・サービスを提供し続けるために、品質に 関するガバナンスを強化すべく、品質保証に関する議題を確認し改善の指示を 行う経営層を含んだ社長直轄の中央品質管理委員会を設置しました。また、グループ全体で情報共有を行い、品質向上を図るとともに、中央品質管 理委員会に上程すべき事項を検討する場として、品質担当者会議を年4回開催し ています。

製品安定供給のため「熱間表面疵検出機」の開発

 当社では、品質改善技術強化の一環として、鋼材(棒鋼、形鋼製品)の熱間表面 疵検出装置を当社グループ子会社であるみどり精密工業と共同開発し、国内事 業所に標準装備しました。熱分布の違いから疵を感知・識別する熱画像法によ り、全品種・全サイズの製品品質の維持を実現します。

従業員に対する取り組み

働き方改革

 電炉業を事業の主体とする当社では、電力料金の安い土日や夜間を中心に工 場を稼働してきました。しかし近年、太陽光発電など再生可能エネルギーの拡大 に伴い、余剰電力が豊富な平日昼間の電力供給体制が見直しされ始めていま す。そこで当社では、働き方改革につなげることを目的に電力供給体制にあわせ て工場の稼働日や稼働時間を見直しています。当社グループの関東スチールで は、日曜日を休日とし、土曜日も稼働時間を削減、夜間や休日の出勤も大幅に削減しました。さらに、社員の積極的な活躍の機会を創出するため、海外拠点との人事交流 や英会話スクールへの通学費用補助制度、海外赴任前研修制度等を設けて、国 際性豊かな人材育成を目指しています。また、社員の健康推進のため、定期健康 診断のみならず、人間ドック費用補助制度やメンタルヘルス研修、社外メンタル ヘルス相談窓口等を設けて、明るく健康な人づくりを目指しています。

株主・投資家に対する取り組み

IR情報の開示

 経営の透明性を高め、企業としての説明責任を果たすため、各種IR活動や情報 開示ツールを通じて株主・投資家の皆様に情報をお届けしています。また、企業 価値向上に向けて内部留保を確保しつつ、安定的な配当を継続したいと考えて おります。

■配当および配当予想

地域社会に対する取り組み

メスキュード医療安全基金

メスキュード医療安全基金贈呈式(厚労省)
拡大
メスキュード医療安全基金贈呈式(厚労省)

 医療廃棄物の適正処理だけでなく、医療 活動とその発展に貢献したいという思いか ら、2002年6月に「メスキュード医療安全基 金」を設立。基金では、メスキュード事業に関 係する収集運搬会社・中間処理会社・処理施 設貸与者などの賛同を得て、取扱量に応じ て一定額を積み立て、年に一度、国内の医療 関係団体に寄付しています。

避難ビルとしての開発センター

 開発力のさらなる強化を目的に、2012年に名 古屋事業所内に開発センターをオープンしまし た。当施設は、大地震に際しての避難ビルとして の機能も備え、共英製鋼の「人と技術を大切にす る」精神を体現。事業所全従業員と近隣避難者の 方々が安全に避難できる設計(避難スペースの収 容人員300人)となっています。(飛島村と協定を 締結、津波一時避難所に指定)。

地域社会貢献基金

 当社創立70周年記念事業の一環として「地域社会貢献基金」を設立し、当社各 事業所の近隣地域への寄付を通じた継続的な社会貢献活動を行っています。寄付 活動は、環境保全・次世代育成・安全防災・地域社会活性化等、社会貢献活動を地 元地域で行う団体・組織・グループを幅広く対象として実施いたします。

取引先に対する取り組み

取引先の皆様との信頼関係強化と相互発展に向けて取り組んでいます。