中期経営計画 「NeXuS Ⅱ 2026」の
目標達成を目指します。

 

 

代表取締役社長 廣冨 靖以

株主・投資家の皆様、当社のIRサイトにお越しいただきありがとうございます。

代表取締役社長の廣冨 靖以でございます。

株主・投資家の皆様にご挨拶申し上げます。

  

当社は2022年12月に創立75周年を迎えました。今後目指すべき「100年企業」に向け、創業の精神である“Spirit of Challenge”という経営理念のもと、「質の高い」企業づくりに取り組むべく、2023年度を最終年度とする中期経営計画「NeXuSⅡ2023」を2024年4月に策定いたしました。

 

本中期計画のタイトルに用いているnexusは、「つながり・連携」という意であり、3つの意味を持たせています。1つ目は、国内外の拠点間、各拠点と本社などがより一層連携し、グループ総合力を強化する「グループ内をつなぐ力」、2つ目は、他社との連携や共同研究、産学連携により技術の飛躍を目指す「外部とつなぐ力」、3つ目は、「100年企業」実現のため、企業イメージやブランド、社員の意識、組織風土など企業の「見えざる価値」を向上させる「次代につなぐ力」です。この3つの力の強化を目指します。

 

さらに成長戦略の重点方針として、

 

 ① 「海外鉄鋼事業」:北米事業の強化とベトナム事業の再構築海外鉄鋼事業の収益力強化と成長拡大の準備

 ② 「国内鉄鋼事業」:国内4事業所体制による連携強化と質的向上

 ③  環境リサイクル事業および鉄鋼周辺事業

 ④  無形資産投資に向けた取り組み強化

   ⑤ 「100年企業」を目指したESG経営

 ⑥  経営基盤の強化  

 

に取り組みます。

 

中期経営計画における取り組みを通じ、社会やお客さまなどステークホルダーからより一層信頼され、評価される質の高い企業、そしてより強い共英製鋼グループを目指してまいります。

 

今後とも、株主・投資家の皆様には変わらぬご支援・ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。