持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、
当社グループの果たすべき役割をコミットしていきます

当社グループは従来より、社会が直面する課題解決に向けた取り組みを
成長の機会にしてきました。今後とも、SDGs達成への貢献を通じて持続的な成長を目指します。

持続可能な社会に貢献する 電気炉を核とした 資源循環型の事業を展開

 社会での役割を終えた鉄スクラップを電気炉で 溶かして鋼材に再生し社会に供給する鉄鋼事業サ イクル。さらに中核設備である電気炉では、稼動時 に3,000~7,000℃のアーク熱が発生します。この 熱を有効活用して社会で発生する廃棄物も安全に 再生することで、さらに広い社会の資源循環に貢献 したいと考えております。

 

 

■当社の「資源循環型」 リサイクルシステム

 

 

 

環境負荷の低い日本の 電炉メーカーとして、 世界の持続的成長に貢献

 日本の鉄鋼業は、世界でトップクラスの省エネル ギー技術を持っています。当社も、操業ノウハウは もちろん、高効率バーナー、鋳造から再加熱せずに直接圧延するダイレクト圧延プロセスなどの最先端技術を導入してまいりました。その技術を世界に広めて、世界の持続的社会の実現に貢献していきたいと考えています。

■電炉鋼のエネルギー原単位 推定結果(2015年 日本=100)

※出典:「2015年時点のエネルギー原単位の推定(鉄鋼部門-スクラップ電炉鋼)」:RITE

※西欧(2):スペイン、ポルトガル